アラフォー女、彼氏と同棲中、ADHD・鬱病歴は15年
就労移行支援事業所に週6で通いWebクリエイターの勉強中
2019年6月にパルクールというスポーツで左膝を痛めて慢性的に不自由な日々
懲りずにパルクールに復帰出来る日を夢見るアラフォー
不妊治療を始め、悩む日々
ブログを彼氏に見られて、一時停止中

人生初の子宮卵管造影検査、体験レポ【失神激痛】

こんばんは、お久しぶりです‼️

毎年冬は、鬱で体調を崩し気味で、

とにかく色々ありすぎて、ブログを更新する時間がなかったです💦ついつい放置。

 

しかし、今週からついに、

 

本格的な不妊治療が始まり、最初の1番恐ろしい検査を乗り切ったので報告しようとおもいます:(;゙゚'ω゚'):

 

年齢が年齢なので、来月には体外受精にいきなりステップアップしていく覚悟です。

 

婦人科で勤務してた事もあり、

まさか、この痛いと有名な検査を自分がするなんて、思ってもいなかった。

 

昨日まで、検査前の薬を3日間飲み(副作用有り)

規則正しい生活、食事、運動、全てに気をつけて、【ほんの少しでも痛みを和らげる為に】悪あがきをしました。

 

そして、ついに迎えた、今日、

子宮卵管造影検査。。。

 

もう、検査室の台に乗った時から痛かった。

 

先生が入って来て、ブワっと手汗冷や汗かいて。

手際よく、クスコとか入れられて、

チューブを差し込む準備に入った。

 

その時点で、【先生、痛い、痛いです‼️】と痛がりの私は訴えたが、

 

先生「まだ、何もしてませんよ」

 

そして、心の準備が整わないのに、

「チューブ入れますね、ちょっと痛いですよー」と、ズブリ、にゅるっと子宮の中に無理矢理入ってきた。針刺された感覚

 

私「痛い!痛い!めちゃくちゃ痛いです!無理です‼️」

全身の血が引いていくのを感じた。

 

同時に精神的な病もあり、パニック障害を発症。過呼吸に。

 

意識が飛びそうなのに、

 

躊躇なく、「では、造影剤入れていきますーー。生理痛のような痛みがありますが、すぐに終わりますからねーー」と、

得体の知れないものが、入ってきた。

 

。。。。。激痛‼️激痛‼️ さらにさらに、

お腹をナイフで深く刺されてるかのような激痛が一瞬で広がっていって、

 

「痛い!痛い!めちゃくちゃ痛い!無理です」という言葉を言ってジタバタしてましたが、

 

言葉を発せられたくなって、

「うう‼️ギャーーー‼️ぐわっ!ギィぃぃ」と、悲鳴に変わってました。

 

生理痛じゃなかった。

 

敢えて言うなら、それくらい酷い生理痛があった時期がありましたが、

ジタバタ動けたし、痛み止め飲みまくって、

救急車を呼びそうになった時の痛みに似ていたけど、

 

その遥か上のランクをいく痛みでした。

 

しかも、その痛い状態で、

 

「では、撮影に入りますので絶対に動かないで下さいね」と

 

地獄のような事を言われて、

 

【転がり回って、のたうち回る程の痛みなのに、仰向けで声も出せずに静止する】という、

 

無茶振りにも程があるような事を強制されました。

 

何度も、「途中で辞めて下さい‼️」と言いたかったけど、ここで諦めたら、

全てが無駄になると

 

死ぬ思いで耐えました。

 

そして、

「最後の1枚を撮影しますので、あと少しです、頑張って下さい」と言われ、

 

ホッとしたのも束の間に、

 

【最後の一枚の撮影が1番長かった件】

 

あと少しが永遠に感じられた。

 

我慢し過ぎて、全身冷や汗、意識が飛んでいきました。

全身の血が、頭の方に上がってきて、

目眩、目の前が真っ暗になって、

一瞬気絶しました。

 

その後、

「終了しました、お疲れ様でした!」と、

チューブを外されましたが、

 

手遅れ的な。

 

「では、ゆっくり起き上がって、診察室の前でお待ち下さい」と簡単に言われたけど、

 

あの、、、目眩、全身冷や汗、全身の震え、パニック障害で過呼吸、吐き気、

多分、顔は真っ青。

 

動けませんでした。

 

異常に気付いた看護師さんが慌てて、

車椅子持ってきてくれました。

 

「終わったんだ」と、自覚した時に、

涙が溢れてその場で嗚咽してしまいました。

痛すぎて、気絶して、怖かった。死ぬかと思った。

 

震える身体、立ちくらみする身体を支えてもらって、車椅子に乗って、

 

そのまま、安静室に移動し、ベッドに横にならせて貰い休憩しました。

 

次に検査を受ける女性が、その様子を目の当たりにして、

口を空けてものすごい形相になって怯えてる姿が目に入り、

申し訳ないと思いつつも、意識を保つのに精一杯だった。

 

天井が、揺れていた。頭がグルグル回って。

ナースコールのボタンを持たされて、

「何かあったらすぐにお呼び下さい」と言われ、1番楽な体制で横になり回復を待ちました。

 

深呼吸をして過呼吸が改善されたら、だいぶ楽になりました。

 

お腹の鈍痛は続いていたけど、

段々マシになり、やっと起き上がり、

診察室にヨロヨロと向かった。

 

【こんなに痛かったから、絶対に卵管が詰まっていたんだ‼️】と確信した私でしたが、

 

「全くもって正常です。造影剤が簡単に、両方の卵管の奥まで早くきれいに通りました。

子宮の形も正常で病気もありません。」

と、超意外な回答にビックリ‼️

 

異常があると痛いとネットに書いてあったので。

 

一応次は、排卵をする準備が出来ているか卵胞の状態を確認したいので、2/1に来て下さいと言われ、予約を取ってフラフラと帰った。

 

今日の検査を受けるにあたり、随分とインターネットで情報収集してましたが。。。

 

殆どが、「生理痛みたいな痛みですぐ終わった」的な事を書いてるし、

婦人科のサイトでは、

「動けなくなり、安静室を使われる方は居ませんのでご安心下さい」的な事を書いていますが、

 

【痛みの感じ方は人それぞれ、痛み耐性には大きな差がある事】

 

【卵管が詰まっておらず全くの正常で、病気が無くても、失神する位の痛みを感じて動けない位痛く寝込む人も居る】

 

という事を、どうしても伝えたくて、

 

ブログを更新しました(;ω;)

 

精神病で、パニック障害持ちの人は、特に気をつけた方が良いと感じました。

 

検査時間長かったら、失神時間長くて入院してたと思います。

 

とにかく、私みたいな、【痛がり】だと自覚してる人やパニック気味になりやすい人は、

【追加料金払って絶対に局所麻酔してもらうべき‼️ 】です。

 

今後3ヶ月位、かなり妊娠し易い感じになるとの事ですが、

 

約5年前に、麻酔かかった状態で同じ検査プラス通水処置もやってるのですが、

自然妊娠しなかった実績があるので。。。

 

私が完全に不妊症ではなく(今の所全てが正常)卵子の老化もそこまで無かったとしても‼️

 

次の周期から、いきなり体外受精をしますよ(;ω;)

 

こーゆーのは、短期間で集中してやるに越した事が無いのは、

婦人科に勤めてた経験からめちゃくちゃ知ってます。

 

何年も人工授精、注射、薬でタイミング療法をして体外受精を先延ばしにした人が、いざ体外受精に切り替えて妊娠したケースが無かったからです。

排卵誘発剤は長く飲むと逆に排卵障害になります。注射もやりすぎると耐性がついて効かなくなります。

 

割と最初から体外受精する人が、一発で出来るのは何人か見てます。

 

年末年始、正月、実家で色々揉めたのもあり、

子供が居る人生も幸せかもしれない、と今は思ってるから、

耐えることが出来るんだと思います。

結構、大阪市の手当ても手厚く、そんなにお金もかからない事も知りました。

 

しかし、、、20代から、今の彼氏と避妊してないのに、妊娠しない。。。

 

まぁ、ほぼほぼ100に近い確率で男性不妊かなぁ 汗 精子が元気良くないし(´ω`)20代の時のから。

 

なのに、逃れられない強制的な痛い処置と時間をがっつり縛られるのは私ばっかりで、

病気も行きまくりで仕事探すどころではなくて、

自由が一切なくて、薬付け。運動制限もある。

正直辛いです。

副作用もあります。

逆に今まで飲み続けている精神薬の副作用は無いので、

いかに、安定剤系の薬が安全なのかも、再確認しています。

 

今後、まだまだ更に痛い処置が待ち受けてる/(^o^)\

 

短期間と決めて覚悟したんで、

子供が出来ても出来なくても、体外受精3回やって、出来たら責任持って育てる。

出来なかったら、諦めて2人で暮らして行くと話し合ってるので、

 

頑張ります(;ω;)

 

でも、どうしても私が死にそうになったら中断しますよ。例えば、身体はなんとか持っても、鬱が酷くなって外出出来なかくなったりとかでも中断します。

 

女性側の処置も大事だけど、

1番手っ取り早いのは、サプリやら生活習慣で精子の質を上げる事ではなかろうかと思う日々→諸外国では男性も注射やら薬飲んで、不妊治療の痛い処置もしているそうです

 

まぁ、日本の不妊治療は男装女卑なので、

仕方無いですわ。

 

期間限定なので、頑張ります‼️

 

話が逸れましたが、

 

人生初の子宮卵管造影検査についての、体験レポでした!

一生したくない。

 

痛いのは知ってましたが、ここまでとは‼️

そんなに痛くないとネットで調べて行くより、

最悪の事態を想定して行く方が気が楽だと思いました。

 

痛くないとタカをくくって行ったものの、

想像超える痛みに襲われたら、パニックになりますからね。→まさに、今回の私です

 

今後も、不妊治療について書いていこうと思います。

 

つか、それしか今活動出来ないような状態なので。ネタが無いです。

 

車椅子に乗って、涙を流しながら、白目向いて、顔真っ青で、死にかかってる姿を、

イラストに描きたいと思います(⌒-⌒; )

 

【とりあえず、痛い痛い卵管造影検査を頑張った自分を褒めてあげよう】

 

おやすみなさい💤