アラフォー女、一人暮らし、うつ病歴15年の自由な生き方
就労移行支援事業所に週6で通いWebクリエイターの勉強中
2019年6月にパルクールというスポーツで左膝を痛めて慢性的に不自由な日々
懲りずにパルクールに復帰出来る日を夢見るアラフォー
現在はスポーツ出来ずに悶々と過ごす日々
*こんなダメダメなアラフォー独女のフリー過ぎる生き方の日々を綴っていきます*

志村けん、お悔やみ申し上げます

今日は朝から、とても悲しいニュースにびっくりし過ぎて、涙腺弱くなってます。

まさか、亡くなるなんて。

大丈夫だぁ〜〜なんて言って、絶対回復するかと思ってた。

老若男女問わず、
「アイ〜ン」 をやった事が無い人の方が少ないんじゃ無いかって位、偉大な人。

物心ついた、幼い頃から、アイーンをしていた記憶がある。

アイーンをして、写真を撮った事がある人も多いだろう。

人はいつか死ぬんだけど、
新型コロナウイルスで、薬が無くて、
苦しんで苦しんで死ぬって言うのは、切ない。

コロナで亡くなった場合、家族が看取れない。
次に会うのは、骨になった時らしい。

誰にも、看取られずに、最期を迎えるのは、
寂しい。

何とも言えない、悲しい気分の一日でした。


ここで

今一度、コロナに限らず、私達は色んなウイルスを持っていて、それを他人に知らず知らずのうちに移してる罪深さを考えたい。

もちろん、今は、コロナがメインですが。

人が多めの電車では、咳出そうになっても我慢してます。

学校では、受講生同士の会話が禁止になりました。
部屋は、しょっちゅう換気しています。

人前で咳をする事の罪深さ。

無症状のコロナ感染者の若者が、自覚無しに、
他人に、ウイルスをばらまき、死に追いやってると言っても過言では無い位に。

今、エチケットやガイドライン守らない人は、
殺人の容疑者です。

コロナになって、重症化して死に至る人にとって、
エチケット守らない人は、殺人鬼です。

人生90年時代で、70歳で亡くなるのは早すぎる。

自分がコロナにかかってるという前提で、
他人に移さない努力をしないといけない。

TVでもやってましたが、
自分が移らないように努力するんじゃなくて、
自分が他人に移さないように努力する。

この言葉が刺さりました。

一つ前の日記にも書きましたが、
殺人の容疑者(エチケット守らない)は、沢山居てるんで、なんか、そういう人達って、

警察が捕まえてくれたら良いのに、とか思う。

それくらいの態勢で、取り締まらないと、
いつまで経っても、収束しないと思います。

せめて、今回、偉大で人気の、タレント
志村けんさんが亡くなった事で、

若い人達も、一人一人、意識を変えてくれて、
一人でも多くの人の命が救われたらと願います。

志村けん、
私の子供時代、全力で笑わせてくれた、
私が初めてお笑いを知ったのは、
志村けんです。

志村けんのおかげで、感性豊かで個性的に育ちました。
本当に、ありがとうございました。

ご冥福をお祈りします。